なないろメソッド

子どもたちが自然と変わる「なないろメソッド」を取り入れています。「なないろメソッド」には7つのプログラムがあり、子どもたちが楽しみながら変われる内容になっています。

なないろメソッドの紹介

アルバイトプログラム

掃除や食器洗いする人を当番ではなく求人募集→履歴書を書いて応募→面接→試用期間を経て採用。仕事1回につきスタンプを一個押し、10個たまったら缶ジュース1本報酬としてもらえる。

おやつプログラム

一日100円のおやつを、おもちゃのお金を使って買い物形式で実施。残ったお金はなないろ銀行に積立。目標額が貯まったら現金を引き出しマクドナルドなどにお出かけ。    


じゃんけんプログラム

帰りのあいさつの後、二人一組になって号令とともに一斉に本気のジャンケンをし、大喜びした後、ハイタッチをする。その後、「ありがとうございました。さようなら」とあいさつする。脳にスイッチを入れる。

なわとびプログラム

他人が回している縄跳びに、タイミングを計って入る。他人のタイミングに合わせられるようになる。


風船バレー

輪になり、全員が必ず1回は風船をタッチするというルール。触ってない子に配慮する、協力しあうことが目的。

ミット打ち

ボクシングのミット打ちを実施。ストレス発散。距離感をつかみ、息を合わせる。

 


二人羽織り

二人羽織で福笑いをする。協力、明確な指示、指示通り実行できることを目指す。左右が曖昧な子は覚える必要が出てくる。